« 国会中継 | トップページ | ハガキ道 »

パンダの赤ちゃん

パンダの赤ちゃん誕生から6日。

シンシンが母親として自覚が出て来たと耳にした翌日の訃報で、何とも言えません。

以前も親パンダの下敷きになって亡くなった赤ちゃんも居ましたね。

大人に比べて、余りにも小さい赤ちゃん(猫の赤ちゃん位)。

子育ての仕方が解らない(見ない)状態で母親になる親パンダ。

それを見守る飼育員の方の気遣いは相当な物だったと思います。

誰も悪くないのに、死の究明をやってますね。

気の毒です。

パンダ

実は、初めてのあだ名が『パンダ』なんです。

小学校のHRの時。パンダがどういう感じの動物か説明出来なかった担任の先生が、『(私)みたいな感じのクリっとした動物だ』と言ったもんだから・・・広まって

低学年も教室に来て、『タレ目のパンダ

人気者なんだか、からかわれっ子か既に過去の事ですが、当時はピンポンダッジュまでされる有様で

当時は嫌でしたが、今思えば、色んな学年の子と関われた事は、得したのかなと思います。

赤ちゃんパンダ誕生で、懐かしい時代を思い出させて貰いました。

|

« 国会中継 | トップページ | ハガキ道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンダの赤ちゃん:

« 国会中継 | トップページ | ハガキ道 »