« 当たり前の事? | トップページ | 春秋苑夏祭り »

行方不明の高齢者

長妻大臣が『110歳以上の所在を今月中に確認』と指示を出したそうだ。

家族の居場所が解らないと言う

若い人が自分の人生を冒険すると言った事では無く、見動きすらままならないお年寄りの所在。

私が子供の頃は、地域の皆で声を掛け合っていた気がする。

学校帰りで、急いでいるのに、顔は知ってるけど名前も知らない人から

『遊んでたのか。気を付けて帰れよ

『お~大きくなったなユキちゃん(母です)は元気か

『良さん(祖父です)は未だ畑に居るか~』・・・

すれ違うたびに、一人ひとりに立ち止まって挨拶をするから、走れば10分位の道のりが30分位掛ってしまう。

家に帰れば母に『こんな感じのおじさんが○○言ってた』と伝える。

『△△さんだね。元気そうだった』みたいな感じでその場に居なくても、誰かを介して相手の状況を知り、安心出来た。

時としてお節介と思える事も有ったけど、お互い様は有った気がします。

プライバシーは守られなくてはならない事だけど、近所に住んでいる人が、『元気』すら聞けないって事なの 

時代を懐かしがってばかりもいられないけど、もう少し、身近な人に関心が持てる社会になって欲しいなと思う。

|

« 当たり前の事? | トップページ | 春秋苑夏祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行方不明の高齢者:

« 当たり前の事? | トップページ | 春秋苑夏祭り »