« 春の嵐 | トップページ | 新学期 »

命日

今日は、母の命日です。

身近な人の死の宣告に立ち会ったのは初めてでした。

祖父が亡くなった時は、長女を妊娠中で、『青い痣の子供が産まれたら可哀想』と言う叔母や母の配慮で、納棺後の顔しか見ませんでしたが、

母が亡くなった5年前は、父が入院中で、何が何だか解らない。

悲しむ気持ちの余裕すらない、涙も出ない。そんな1日でした。

人は生まれて、死に向かって生きてるのは解るけど、こんなにも呆気無く別れが来るんだ~ と思ったものです。

同時に、不動産に関わる怖さを感じたのもこの頃です。

私の親は、祖父が亡くなった時、植木畑を相続しました。

母曰く『腹の足しにならない地べた』です。

だけど、固定資産税は有無を言わず請求されるので、結局更理にし、アパートを建てました。

不動産知識の無い普通の主婦が賃貸経営を始めたのです。

良かったと思えるのは初めの何年かだけ後は色んな方面の方に良い様にされてた。

 

親身になって、相談相手になってくれる専門家が居なかったんだと思います。

だから私は、垣根が低く、ちょっとした事でも聴き易い不動産会社で在りたい。

所有している人が持っていて良かったっと思える方法でサポートが出来たら良いな~と思っています。

私の思いが、どれだけお客様に伝わるか解らないけど、不動産の道に入った時の気持ちを持ち続けて、やって行きたいと思います。

母の命日に誓って

|

« 春の嵐 | トップページ | 新学期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命日:

« 春の嵐 | トップページ | 新学期 »